知って効果倍増!※効果的な飲み方とは?

チアスリミーガール 効果的な飲み方

 

いざメディメタでダイエット!

 

いつでもどこでも溶かして飲むだけ、とても簡単ですよね。

 

でももしも「より効果的な飲み方」というのがあれば、知りたいと思いませんか?

 

もちろん、効果的な飲み方でなくても、十分効果は期待できるはず。

 

実践するかしないかは別として、頭の片隅に置いておいても損はありませんよね。

 

では、メディメタの効果的な飲み方というのを検証してみましょう!

 

 

メディメタの基本的な飲み方

 

まずは、メディメタの基本的な飲み方を知っておかなくては始まりませんよね。

 

メディメタの飲み方は、公式サイトにも記載があります。

 

1日、スプーン2〜3杯のメディメタを、水100cc〜200ccに溶かして飲むだけ。

 

水の量はあくまでも目安で、好みの濃さに調整しても大丈夫です。

 

とってもシンプルですよね。

 

メディメタを小分けにして持ち歩けば、仕事場や外出先でも飲むことができます。

 

好きなタイミングにお手軽に飲めるのが嬉しいですね。

 

 

メディメタを飲むタイミング

 

こんなシンプルな飲み方のメディメタ、これ以上に効果的な飲み方なんてあるのでしょうか?

 

「効果的な飲み方」というと大げさかもしれませんが、効果的に飲む秘訣は飲みタイミングにありそうです。

 

メディメタはチアシードの力で、満腹感が得られるドリンク。

 

間食や食べすぎを防止するように飲めば、より効果的です。

 

まず、自分の1日のサイクルを思い浮かべて見ましょう。

 

間食、したりしていますか?

 

もしも間食をなくしたいというのなら、お腹が空くころにメディメタを飲むといいかも。

 

夜、食事が遅い人は?

 

仕事で夜ご飯が遅くなってしまうなら、メディメタに置き換えてみては?

 

いつ飲めばカロリーや間食が抑えられるか、ぴったりのタイミングを考えてみましょう。

 

 

メディメタを習慣づける

 

いくら効果的な飲み方をしていても、それが2日に1回だったり週に2回だったりしては効果はありません。

 

メディメタは、毎日きちんと飲むことが一番のポイント。

 

毎日忘れないタイミングで飲むというのも、「効果的な飲み方」のひとつになりそうです。

 

たとえば、夕食を食べる前に飲んだり。

 

3時のおやつをメディメタにしたり。

 

毎日、メディメタを習慣にすることが大事です。

 

 

まとめ

 

簡単でシンプルな飲み方のメディメタには、これといった「効果的な飲み方」というのはありません。

 

しいていうなら、飲むタイミングを考えて、きちんと毎日飲むのを忘れないこと。

 

早く効果を出したい、大幅に減量したいからといって、規定の量より多く飲むのはNGです。

 

使用上の注意を守って、その中で自分なりの飲み方を見つけていきましょう。

 

さあ、メディメタで今度こそ、キレイに痩せてみませんか?

 

>>メディメタの詳細はこちら